© 島原そだち謹製日誌 All rights reserved.

独特のコシと風味が味わい深い島原そだちは、シンプルに季節の菜と。

島原そだち【コシと風味をもった麺】を目指して

『伊崎さんのそうめんは、コシがあるのと、食べたときに何かちがう』

有り難いことに、そう言ってくださる方が沢山いらっしゃいます。

例えば同じ料理でも、材料を吟味すれば、レシピを工夫すれば、作る人がちがえば、その味も変わってくるように、麺づくりでも、原材料を選び、各工程に工夫を重ね、作り手が麺づくりの眼目をつかみ、その日の麺の具合に合わせて作ることで、見た目は同じように見える素麺も、味に個性が出てきます。

島原そだちの特徴は【独特のコシと風味をもった麺】です。

独特のコシと風味は、冷たい麺でも味わえます。

独特のコシと風味は、冷たい麺でも味わえます。

具体的には、煮麺にしても煮くずれしにくく、噛むとほどよい弾力と粘りを感じる麺のコシ、それと、噛むほどに、ほのかに甘く感じられる小麦本来の風味です。

その特徴が生まれるには、こんな背景があるのです。。。

原材料について

製麺工程について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

市川紀代志さま

「3年間1日3食ともソーメンを食べ命がつながれました。」【お客さまのご感想】

いつも美味しく頂いております。 5年程前、おばが胃ガンになって何ものどを通らないと聞き、 伊崎さんのソーメンを届けた所、食する事が出…

東京都 大磯郁子さまからのご感想

「人様に贈るなら自分でも納得している味の品物を」【お客さまのご感想】

[こちらを選んだ理由] 健康志向でグルメな母が、手土産にこちらのうどんを持たせてくれて、 食べたら抜群に美味しかったので、ずっと名前を覚…

島原そうめんもうどんも いつもおいしくいただいております

全粒麺に(読んで思わず、、、)のご感想を寄せて頂きました

毎日暑い日が続いていますが、お元気でしょうか? 島原は、ひさしぶりの快晴でうなる様な暑さでしたが、風も涼んだ夕暮れ時、空が美しい林檎色…

島原そだち製麺工程

島原そだちの製麺工程について

手延べの麺作りは、「小麦粉に塩水を加えてこねると熟成がはじまり、グルテンが形成される」という自然の性質を利用して、麺生地を、時間をかけて少し…

エディブルフラワー(edible flowers)

エディブルフラワー(edible flowers)で、いつものうどんも春の装い

エディブルフラワー(edible flower) 食べられるお花、食用花のことですね。 わが家の庭のハーブを使って、うどんをキャンパスに…

ページ上部へ戻る
CSSレイアウト