© 島原そだち謹製日誌 All rights reserved.

島原そだち製麺工程

島原そだちの製麺工程について

手延べの麺作りは、「小麦粉に塩水を加えてこねると熟成がはじまり、グルテンが形成される」という自然の性質を利用して、麺生地を、時間をかけて少しずつ、細長く延ばしていきます。

「こねて、延ばして、乾かして」

このシンプルな工程を、熟成させつつ延ばし終えるまでで一日、乾燥でさらに一日かけて行います。

シンプルな工程だけに、温度、湿度、それらに影響を与える風の吹き方、その一日の間の変化、各工程の時間、タイミング、加水具合等により、麺の出来が左右されます。
ですので、工程を細かく分け、その工程ごとにデータを記録し、麺の状態を見守ります。

8の字に撚りかけ

8の字に撚りかけ

一方で、小麦粉と塩という素材がもつ自然の性質を利用するため、データだけに頼らず、最終的には、経験と勘、人の感覚が頼りです。
ゆっくり乾燥させると、麺がしまってコシと風味が出てくる。そんなことも、伝統と経験を基に、庭の草木や雲仙や有明海の自然の移ろいからも、教えられてきました。

乾燥室で、気持ちよさそうに風に吹かれている麺をみると、嬉しくなります。

乾燥室で、気持ちよさそうに風に吹かれている麺をみると、嬉しくなります。

感覚的な言葉ですが、麺にムリをさせず、自然本来持つが力を引き出すこと。
「じっくり熟成、ゆっくり乾燥」を合言葉に、笑顔で麺を囲んで頂く風景を思い浮かべながら日々の麺づくりに取り組んでいます。

ちゅるちゅる おいしいね!

ちゅるちゅる おいしいね!

原材料について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

初節句(桃の節句)のしイラスト アップ-490k

20163/2

桃の節句のお祝い返しにオススメのセット

あしたはひなまつりですね。 今年は寒さが厳しくて、春を感じることが少ないように思いますが 雛飾りをみると、春を近く感じられて嬉し…

エディブルフラワー(edible flowers)

エディブルフラワー(edible flowers)で、いつものうどんも春の装い

エディブルフラワー(edible flower) 食べられるお花、食用花のことですね。 わが家の庭のハーブを使って、うどんをキャンパスに…

全粒粉

島原そだちの原材料について

そうめんの原材料は、小麦粉と塩とゴマ油のみの、自然食品です。 島原そだちは、コシと風味を実現するため、原材料も厳選しています。 …

もちもち全粒麺と煮物と梅干

全粒麺の具だくさん煮麺

麺の風味がよく、スープや具材の麺への絡みもいいからでしょうか。 もちもち全粒麺は、煮麺でもパスタでも、一日一度は食卓に登場します。 とい…

豚しゃぶ細うどん~サンチュで包んで

豚しゃぶ細うどん~サンチュで包んで

豚しゃぶの甘みって、じんわり元気がでますよね! 細うどんと一緒にサンチュで包んで、玉ねぎとかいわれ、パプリカのピクルスをのせて、おなじ…

ページ上部へ戻る
CSSレイアウト