© 島原そだち謹製日誌 All rights reserved.

島原そだち製麺工程

島原そだちの製麺工程について

手延べの麺作りは、「小麦粉に塩水を加えてこねると熟成がはじまり、グルテンが形成される」という自然の性質を利用して、麺生地を、時間をかけて少しずつ、細長く延ばしていきます。

「こねて、延ばして、乾かして」

このシンプルな工程を、熟成させつつ延ばし終えるまでで一日、乾燥でさらに一日かけて行います。

シンプルな工程だけに、温度、湿度、それらに影響を与える風の吹き方、その一日の間の変化、各工程の時間、タイミング、加水具合等により、麺の出来が左右されます。
ですので、工程を細かく分け、その工程ごとにデータを記録し、麺の状態を見守ります。

8の字に撚りかけ

8の字に撚りかけ

一方で、小麦粉と塩という素材がもつ自然の性質を利用するため、データだけに頼らず、最終的には、経験と勘、人の感覚が頼りです。
ゆっくり乾燥させると、麺がしまってコシと風味が出てくる。そんなことも、伝統と経験を基に、庭の草木や雲仙や有明海の自然の移ろいからも、教えられてきました。

乾燥室で、気持ちよさそうに風に吹かれている麺をみると、嬉しくなります。

乾燥室で、気持ちよさそうに風に吹かれている麺をみると、嬉しくなります。

感覚的な言葉ですが、麺にムリをさせず、自然本来持つが力を引き出すこと。
「じっくり熟成、ゆっくり乾燥」を合言葉に、笑顔で麺を囲んで頂く風景を思い浮かべながら日々の麺づくりに取り組んでいます。

ちゅるちゅる おいしいね!

ちゅるちゅる おいしいね!

原材料について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

島原そだち Y-6_そうめん1袋_裏面min

小麦粉色。

そうめんのパッケージを裏返してみてください。 原材料名には 「小麦粉・食塩・純正ゴマ油」 とあります。 簡潔ですね。…

綱瀬敦子さま

朝食はしっかり、そうめん入りみそ汁を食べていきます【お客さまのご感想】

昔、小さい頃、朝食にそうめんのみそ汁がよくでていました。 おかしなもので、私の子供達も、朝食はしっかり そうめん入りみそ汁を食べていきます…

独特のコシと風味が味わい深い島原そだちは、シンプルに季節の菜と。

島原そだち【コシと風味をもった麺】を目指して

『伊崎さんのそうめんは、コシがあるのと、食べたときに何かちがう』 有り難いことに、そう言ってくださる方が沢山いらっしゃいます。 …

根菜たっぷりで栄養満点!

根菜たっぷり うどん

根菜たっぷりで、彩りも目においしい あったかい おうどん 栄養もバランスよくとれるのがうれしいですね…

全粒麺ができるまで

もちもち全粒麺ができるまで【1分動画】

この投稿をInstagramで見る 島原そだち本舗さん(@izaki_men)がシェアした投稿 - 2019年…

ページ上部へ戻る
CSSレイアウト