© 島原そだち謹製日誌 All rights reserved.

MINOLTA DIGITAL CAMERA

20053/29

乾燥室の幸福感。

本日の島原は、春到来を思わせる快晴でした。
心地よい風が吹き、日差しは暖かく、しかし空気は適度な湿り気を残していて、そうめんづくりにはもってこいの日、です。
溢れた光がそうめんに反射して部屋全体がレフ板をあてられたようにほんわりと明るい乾燥室で、そうめんたちが気持ちよさそうに風にゆられているのを見るのは、うれしいもの。
そうめんづくりの醍醐味、です。

私がまだ東京に住んでいて、表参道の大坊珈琲に通ったり、専用の道具を調えて自分でネルドリップをいれたり、珈琲の歴史なんて本を読んだりなんかしていた若かりし頃、ある珈琲店のマスターが

「珈琲豆は農作物。その豆を育てた人の顔がみえるような珈琲をお出し出来るよう、心掛けています」

と仰っていたのが心に残っています。

ブルーマウンテン、モカマタリ。それまで珈琲をブランド品を選ぶかのようにみていた自分に気付きました。こだわっているようでいて、そのこだわりは焙煎のところどまり。その豆がどんな農場で、どんな人に育てられ、はるばる日本にやってきたのかまでは、思いが至っていなかったのです。

私たちのそうめんを手にする方々は
どのような気持ちで手にしてくださるのだろうか。

私たちも、顔こそみえなくていいけれど、この乾燥室の幸福感、できれば聞こえてくる庭の鶯のさえずりまでも(それは無理か)、伝わるようなそうめんをつくっていければと願います。言うは易く行うは、、、ですが。

その一助として、目下ウェブサイトを製作中です。めんづくりの現場と食卓をつなぎ、お互いの声が聞こえてくるようなものにしたいと思っていますが、どうなりますやら。呪文を唱えながらの試行錯誤です。

「少しずつでも、着実に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

20146/26

【メールでのご注文・お問い合わせにつきまして】

当ブログをご覧くださり、ありがとうございます。 本日は、メールでのご注文・お問い合わせに関するお知らせとお願いです。  …

全粒粉

島原そだちの原材料について

そうめんの原材料は、小麦粉と塩とゴマ油のみの、自然食品です。 島原そだちは、コシと風味を実現するため、原材料も厳選しています。 …

初節句(桃の節句)木箱熨斗掛け-490k

20152/16

桃の節句のお返し(内祝い)は、お菓子もいいけど、、、

桃の節句の季節ですね。 桃の花は、まだまだのようですが、庭の木にやってくるメジロや雀の鳴き声は、春めいてきたように感じます。 わが家…

初節句(桃の節句)のしイラスト アップ-490k

20163/2

桃の節句のお祝い返しにオススメのセット

あしたはひなまつりですね。 今年は寒さが厳しくて、春を感じることが少ないように思いますが 雛飾りをみると、春を近く感じられて嬉し…

独特のコシと風味が味わい深い島原そだちは、シンプルに季節の菜と。

島原そだち【コシと風味をもった麺】を目指して

『伊崎さんのそうめんは、コシがあるのと、食べたときに何かちがう』 有り難いことに、そう言ってくださる方が沢山いらっしゃいます。 …

ページ上部へ戻る
CSSレイアウト