© 島原そだち謹製日誌 All rights reserved.

201610/13

祝!ボブ・ディラン ノーベル文学賞ついに受賞!

ついに!ついに!ついに!

ようやく!ようやく!ようやく!

わが敬愛するボブ・ディランが、ノーベル文学賞を受賞しました。

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161013/k10010728991000.html

高校一年生のときに「Like a Rolling Stone」に出会って以来、
私の人生はボブ・ディランの音楽から大きな影響を与えつづけられていますが、
世界の音楽界とアメリカ文化にも大きな影響をあたえたとして
今回の受賞となりました。

何年も前からノーベル文学賞の候補になりつづけていましたから
ついに、ようやく、という感慨です。

個人的には、そのボブ・ディランの影響を受けてなされたこと、
生み出された作品の影響もはかりしれないものがありますから、
音楽界、文化の面にかぎらず、「世界に大きな影響をあたえた」
と表現しても、過言ではないのではないかと思います。

歌手として初めてのノーベル文学賞受賞とのことですが、
そうでしょう、そうでしょう。

ボブ・ディランが書く伝統を踏襲しつつ未開の道を切り開いていくような詩
それがのる美しいメロディー
にもかかわらず、ぶっきらぼうに歌われるパフォーマンス

そのとき、詩と音がひとかたまりになって向かってくるのを感じる
それを受けとめたときの感動は、
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を読み終えたときの感動と似ています。

高校一年生。雑誌の特集に掲載されていたボブ・ディランの写真になんとなく惹きつけられて、
当時はCDショップに試聴する機械はなく、
思い切ってアルバムを買って初めてその歌声を聴いたものの
「なんだこのしゃがれ声のおじさんは」
という第一印象でした。

そして次の日、学校の授業中、ふと窓の外を見やったとき
「Like a Rolling Stone」の一節が突然アタマの中に流れ出してきました。

How does it feel?
How does it feel?

しゃがれた歌声が、ギターが、オルガンが、タンバリンが、ドラムが、
そしてハーモニカが、
ひとかたまりになって、ずーっとあたまの中で一日中鳴り響いていました。

さらりと聞き流してしまったら、それからの人生をずっと自分に嘘をついて
生きていかなければいけなくなるような気がして、
何回も何回も、両足を地面にふんばるような気持ちで聴いていたのを
今でも鮮明に覚えています。

今夜はなかなか寝つけそうにありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

綱瀬敦子さま

朝食はしっかり、そうめん入りみそ汁を食べていきます【お客さまのご感想】

昔、小さい頃、朝食にそうめんのみそ汁がよくでていました。 おかしなもので、私の子供達も、朝食はしっかり そうめん入りみそ汁を食べていきます…

20146/26

【メールでのご注文・お問い合わせにつきまして】

当ブログをご覧くださり、ありがとうございます。 本日は、メールでのご注文・お問い合わせに関するお知らせとお願いです。  …

そうめん にゅう麺 アマドコロ

アマドコロの煮麺 from島原そだち春の味

わが家の庭のアマドコロの花は、 見た目の可憐さ、美しさ、 を楽しめるだけでなく。 春の味も、楽しませてくれるのです。 いつも…

島原そだち製麺工程

島原そだちの製麺工程について

手延べの麺作りは、「小麦粉に塩水を加えてこねると熟成がはじまり、グルテンが形成される」という自然の性質を利用して、麺生地を、時間をかけて少し…

1009soumenjinja

201610/9

ふしぎなめぐりあわせとご縁のこと。

ふしぎなめぐりあわせと、ご縁の話しです。 毎月のならわしで、一日(ついたち)は、地元の鎮守のもりにある神社へ お礼参りにいきます。 …

ページ上部へ戻る
CSSレイアウト