© 島原そだち謹製日誌 All rights reserved.

そうめん職人

20053/25

誠実、感謝。ご挨拶にかえて。

私が、家業の製麺業に従事するため東京から島原に戻って
一年になります。
最初は、柔らかくて赤ん坊の手のようだと笑われた私の手も
随分皮が 固くなりました。
今では、触るだけでそうめんのよしあしが分かるよう に、、、
は、まだまだです。
そんなことを言うと職人に怒られてしまいます。
そして背中で語られてしまいます。

「誠実、感謝。ひたむきに、麺ばつくれ」

この一年、いや一年と言わずこれまでの道のり、前にいた会社の方々、 恩師、友人、家族、取引先の方々、多くの方 に助けて頂きました。
とりわけ、そうめんを食べて頂いたお客様からの
「美味しかった!」
の一言に力を頂くことしきり、でございました。

ありがとうございます。

これからも、もっと美味しい めんづくりに精進して参りますので、
ご贔屓のほど宜しくお願い致します。

めんづくりに従事して日々おもうのは、職人(父)と工場長(母)の、めんづくりにおけるカン(勘、感)の凄さ、です。20数年みなさまに愛していただいているそうめんには、理由があるんですね。この日誌では、その凄さ、そしてそれはめんの奥深さにも通じると思いますが、そのあたりを、私の日々の発見を手がかりにお伝えできれば、と願っています。
それでは、そうめんのように、ながいお付き合いをよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

島原そだち製麺工程

島原そだちの製麺工程について

手延べの麺作りは、「小麦粉に塩水を加えてこねると熟成がはじまり、グルテンが形成される」という自然の性質を利用して、麺生地を、時間をかけて少し…

市川紀代志さま

「3年間1日3食ともソーメンを食べ命がつながれました。」【お客さまのご感想】

いつも美味しく頂いております。 5年程前、おばが胃ガンになって何ものどを通らないと聞き、 伊崎さんのソーメンを届けた所、食する事が出…

エディブルフラワー(edible flowers)

エディブルフラワー(edible flowers)で、いつものうどんも春の装い

エディブルフラワー(edible flower) 食べられるお花、食用花のことですね。 わが家の庭のハーブを使って、うどんをキャンパスに…

そうめん「ちゅるちゅる」

そうめん「ちゅるちゅる」の季節!おじちゃんは益々はりきって作りますよ~♪

5月もあっという間に終わろうとしています。 風が気持ちいい季節ではありますが、今年は真夏日が早くも続いたりして、猛暑の予感です。 …

オリーブとトマトとわさび菜のあごだし素麺

オリーブとトマトとわさび菜のあごだし素麺

色鮮やかで、色んな味も楽しめる、嬉しい一椀。 わさび菜は、ご近所の方からの頂きもの。 季節の風味を、有り難く頂きます!…

ページ上部へ戻る
CSSレイアウト